JA熊本中央会

「農福連携」とは

 「農福連携」とは、障がい者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組みです。JAグループ熊本は熊本県と連携しながら、この取組みを進めています。

「農福連携」のメリット

 「農福連携」は、農業における課題、福祉における課題の双方の課題解決とともに地域社会への貢献にも繋がる三方よしの取組みです。『農業』と『福祉』がつながることで、様々なメリットが生まれることが期待できます。

農業

課題
  • 農業従事者の減少
  • 高齢化等の進展、若い後継者が少ない
  • 繁忙期の人手不足
  • 農地荒廃の解消等
課題を解決
  • 労働力の確保
  • 地域での取組みで、農地管理の効率化が期待できる
  • 社会貢献につながる(就労機会を提供)
就労の機会提供
農業を通じた地域交流
連携
人手不足の農業現場での労働力
作業内容にあわせた多様な人材

福祉

課題
  • 就労先での工賃(賃金)が少ない
  • 意欲のある人が活躍できる場を増やす必要がある
  • 障害者総合支援法及び精神保健福祉法の下で、自立した日常生活や社会生活の実現が求められている
課題を解決
  • 雇用先の増加、工賃(賃金)向上
  • 自然とのふれあいで、心のゆとりや情緒が安定
  • 一般就労に向けての体力・精神面での訓練に有効
  • 新たな職域による社会参加の促進