身近なJA組織

【家の光】12月号 私のおすすめ〜JA熊本中央会

2020.11.04

 11月に入り、朝晩の冷え込みが厳しい季節となりました。
 9月頃はやや落ち着きつつあった新型コロナも、最近では日本各地で再びクラスターが発生するなどまだまだ予断の許さない状況が続いています。また、これからの季節はインフルエンザにも気を付けないといけません。
 さて、今回紹介する『家の光』12月号では、感染症予防に関する記事など、読みどころ満載の内容となっております。皆で感染症予防をしっかりしてこの冬を乗り切りましょう!

 

特集1 免疫力を高めよう! 食べる腸活 〈P19~33〉
 寒さが厳しくなるこの時期。感染症に負けないためには免疫力を高めることが大切です。そのときポイントとなるのが「腸活」!
 腸活にお勧めの食材と効果的な食べ方をクイズ形式で楽しく、わかりやすく紹介してくれます!
 皆さんもぜひ腸活ライフで感染症に負けないようにしましょう!

 

農ライフのすすめ すごい!アズキの力 〈P70~75〉
 和菓子や赤飯の材料としてお馴染みのアズキですが、『古事記』にも登場する注目のスーパーフードなんです!健康パワーの秘密やいろいろな品種について紹介があるとともに、料理レシピも紹介されています。この機会に、アズキ料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

5秒間柔軟トレーニング 〈P115~121〉
 新型コロナによる外出自粛の影響で、外に出る機会が減っています。運動不足で体がガチガチという人も多いのではないでしょうか。
 ここでは、1回につきたった「5秒」でできる簡単で健康効果の高い柔軟トレーニングが紹介されています。「たった5秒で効果があるの?」と思うかもしれませんが、大切なのは、毎日継続すること。ぜひ、5秒間柔軟トレーニングで運動不足解消に取組んでみてください!

 

まんがルポ みんなでできた!JA女性組織 〈P146~149〉
 各地のJA女性組織を紹介するコーナー。今回、JA熊本市女性部「子ども食堂へ野菜を提供する取組み」が紹介されています。地域の子ども食堂に自分たちが育てた野菜を提供するJA熊本市女性部。畑の規模は年々拡大し、支援の輪が広がっている様子が、まんが形式でわかりやすく紹介されています。ぜひご覧ください!

 

 最後に、『家の光』12月号の付録である、「家の光家計簿」と「未来にのこす わたしノート」についてご紹介します。
 「家の光家計簿」と「未来にのこすわたしノート」は、JA組織をはじめ、全国各地で多くの人にご活用いただいています!
 今回、JAあまくさ・大矢野支所の松本たまきさん、藤本竜二さん、JAあまくさ管内の寺田義春さんがおすすめについて動画で分かりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください

 

最近のわたし
 秋といえば、スポーツの秋!コロナ禍で「おうち時間」が長くなる中、少しでも運動する機会を増やそうと、この秋に登山にチャレンジしたいと思っています。学生の頃はアウトドアサークルに所属し登山などをしていましたが、社会人になってからは年に1~2回登山をする程度でした。紅葉の時期でもあるので、感染症対策をしっかりして、登山を楽しみたいと思います!

JA熊本中央会 

JA総合支援部 

筒江修平