新着情報

【緑の学園】オープンキャンパス/県立農業大学校

2017.08.08
 説明に聞き入る高校生

 熊本県立農業大学校は7月下旬、2017年度第1回オープンキャンパスを開いた。高校生に実習活動を体験してもらい、特徴ある教育内容の理解を深めてもらうのが狙い。募集定員を上回る県内の高校生ら
94人と保護者が参加した。
 参加者は、同校の概要や特徴などの説明を受けた後、農特産、花き、果樹、野菜、畜産の5コースから
二つを選択。ミカンやブドウの収穫や、子牛との触れ合いを体験した。
 熊本農業高校の野村美咲さん(17)は「思っていたより大学の敷地面積が広く、ここならやりたいことを学べると思った」、同校の村上寧音さん(18)は「いつもと違う体験ができ楽しかった。将来は酪農関係を目指したい」と語った。
 第2回オープンキャンパスは18日で、食品加工体験も行う。