新着情報

【コンクール】第1回JA鹿本地区だよりコン 植木地区が初代最優秀/JA鹿本

2018.04.10

 熊本県のJA鹿本は、「地区だより」の内容充実と広報の一層の強化を目的に、第1回JA鹿本地区だよりコンクールを開いた。最優秀賞に植木地区、優秀賞に山鹿地区、優良賞に鹿本町地区を選んだ。
 JA本所で3月中旬、地区だよりコンクールの審査会を開いた。審査委員長の大仁田勲組合長をはじめ、JA熊本中央会の本田浩部長、組合員向け広報誌「かもと」のデザインを担当するデザイナーの林由美子さんら8人が審査員を務めた。協力姿勢や内容、文字の大きさ、工夫など8項目を5点満点で評価した。

 「地区だより」は、JA管内全地区が発行を始めて5年。各地区の広報編集委員を中心に作成する。現在、6地区が年6回以上発行。組合員向け広報誌で掲載できなかった地区や青年部・女性部の活動を紹介するなど、地域に密着した内容を目指す。3地区の表彰は26日、役職員大会で行う予定。