身近なJA組織

【女性部】女性部の声大切に 運営への反映着実 熊本・JA菊池対話集会

2021.02.24

JA菊池女性部は16日、JA情報センターでJA役職員との対話集会を開いた。毎年開いており、これまで集会を通じて農産物市場の設置、デイサービスセンターや斎場の建設などを提言し、実現している。

 女性部役員13人が事前に部員から預かった福祉事業、移動購買などに関する質問を挙げ、担当部長らが回答した。また、農協の在り方、女性部の会員を増やす対策などについても述べた。

三角修組合長は「女性部は、SDGs(国連の持続可能な開発目標)が広がる前からエコバッグ運動に取り組んでいた。今後も女性の意見を大切にして、より良い農協にしていきたい」と話した。

 女性部の大塚かち子部長は「小さな意見でも言える場があることがいい。女性部の思いが少しずつでも実現していることもうれしい。JAを支える一員として、部員にこの伝統を次世代にもつないでいきたい」と話した。