新着情報

採用内定者 JA学ぶ

2021.02.18

【かみましき】JAかみましきは10日、本所で2021年度職員採用内定者説明会を開いた。採用内定者11人が参加し、各部署の担当職員による事業内容の説明を受け、JA事業について学んだ。

      ・営農や金融理解イチゴ食べ比べ JAかみましき

       採用内定者に、入組日までにJA事業や各部署の担当業務を知ってもらい、自分に合った部署を考えてもらおうと毎年開いている。

       事業部門の説明では、金融担当職員による札勘定の練習や、営農担当職員による管内で取れたイチゴの食べ比べを実施した。採用内定者は金融や営農の業務について学び、真剣な表情でメモを取りながら説明を聞いていた。総務部の担当職員は「各事業について学んでもらい立派なJA職員になってもらいたい」と話した。

 

  ・顔合わせ後に事業内容説明 JA阿蘇

    【阿蘇】JA阿蘇は15日、本所で2021年度の新入職員8人を対象にした事前説明会を開いた。採用者は男性6人、女性2人。同期職員の顔と名前を互いに覚えられるよう、それぞれが熱意のこもった自己紹介をした。説明会は入組後の不安を少しでも軽くするのが狙い。「JAとは何か」に始まり、事業内容や入組手続き、コンプライアンス(法令順守)について説明。

 また、研修会やOJTの世話係制度を解説した。

 参加した新入職員は「新しい環境で一生懸命頑張りたい。社会人としての自覚を持って、地域の方の力になりたい」と話した。

 制服採寸で、制服に袖を通す新入職員の顔は期待にあふれていた。