新着情報

【窓口ロープレコンテスト】寄り添う提案へ 新手法競い合う JA菊池金融部初の一覧表コン

2021.02.09

JA菊池金融部は1月下旬、JA情報センターで「JA菊池取扱商品一覧表コンテスト」を開いた。コロナ禍で中止となった「窓口ロールプレイング大会」の代替として初めて取り組んだ。

       作品の説明や工夫を発表。感染対策を徹底した上で、8中央支所の代表者が取扱商品一覧表をスクリーンに投影しながら行った。一覧表は、窓口職員(貯金・融資)が組合員や利用者に対し、ニーズに合った商品提案ができるよう作成。情報共有などが目的で、窓口担当者の意識活性化を図る。

       金融部の赤星成年部長はじめ、農林中央金庫地区担当者、各中央支所窓口リーダー職員10人の審査員が審査した。結果は、2月下旬の窓口リーダー会議で発表する。

       赤星部長は「第一線で頑張る窓口担当者の力が重要だ。手書きで温かみがあるもの、簡潔にまとまって理解しやすいものなど、各支所の個性が出ていた。今後の窓口対応につなげてほしい」と話した。