新着情報

児童の事故防止へLEDライト寄贈 JA鹿本

2021.02.05

JA鹿本は12月下旬と1月上旬、JA鹿本管内の小学校に「くまモンLED(発光ダイオード)自転車ライト」を寄贈した。

同JAでは毎年、交通事故の未然防止と地域住民の安全な生活環境づくりに貢献しようと、JA管内の警察署などへLEDライトや反射材を寄贈している。今回は、山鹿市と熊本市北区植木町の小学校18校に、計4078個のライトを贈った。ライトはJA共済連熊本が提供している。

 小学校の校長会で、地域を代表してライトを受け取った熊本市立植木小学校の坂木和也校長は「自転車やランドセルに付けるなど、児童の身の安全のために活用させていただく」と話した。