新着情報

菊池農業高校でスマート農業授業 熊本県北広域本部 ~JA菊池~

2020.12.23

熊本県県北広域本部は12月中旬、菊池農業高校でスマート農業理解促進授業を開いた。農校の生徒に農作業の省力化や高品質・高収量に向けたスマート農業を実感してもらう。同校の畜産科学科3年生35人が参加。ヤンマーアグリジャパンによる無人ロボットトラクターと有人トラクターの並走実演に、生徒らは興味津々で見入っていた。

スマート農業の取り組み紹介やアシストスーツの試着体験、ドローン(小型無人飛行機)実演などもあった。畜産科学科3年生の高村天大さん(18)は、無人ロボットトラクターに試乗。手も触れずにハンドルやレバーが自動で動く光景を目の当たりにした。

高村さんは将来、実家の酪農業を担う夢があり「実際に触れてワクワクした。作業がとても楽になりそう。将来使ってみたい」と目を輝かせた。