新着情報

災害時に移転警察署と協定 JA熊本うき

2020.12.14

JA熊本うきは11月下旬、宇城警察署で「宇城警察署臨時移転に関する協定書」に調印した。同協定では、大規模震災などの災害が発生し、宇城警察署が倒壊するなどで警察機能が喪失した場合、JA本所2階会議室に機能を臨時移転すると定めた。

3月にJAの新本所が完成。宇城警察署はJA本所から300メートルほどの距離にある。JA本所は、熊本地震の経験から災害対策や避難所としての機能も重視して設計されており、発電機や大型エレベーター、大ホールなどを備える。

協定書に調印した宇城警察署の中尾政広署長は「災害が起きないことが一番だが、もしものときに備えるのが大事。JAの設備は地域として頼もしい限り」と話した。

JAは管内の交通事故防止に役立ててほしいとLED(発光ダイオード)自転車ライト2100個を寄贈した。