熊本の農畜産物

【いちご】クリスマス先取り イチゴ出荷順調 熊本・JAかみましき

2020.12.14

JAかみましき管内では、クリスマスを前にイチゴの出荷が順調だ。甲佐町と山都町の集荷場には、日量約5000パックが持ち込まれる。主に関西方面へ出荷。今シーズンは325トンを目指す。

主な品種は「ゆうべに」「さがほのか」「恋みのり」。出荷は11月中旬から始まり、6月まで続く。嘉島町、山都町を中心に、生産者33戸が6・4ヘクタールで取り組む。

生産者は「今年も良質な甘いイチゴが出荷された。クリスマスケーキに欠かせないイチゴ。多くの人に食べてほしい」と話した。