新着情報

誤嚥テーマにリモート研修 熊本・JAやつしろデイセンター

2020.12.14

JAやつしろは11月中旬、氷川町のデイサービスセンター花みずきで、介護福祉センター職員研修会をリモートで開いた。介護に従事する職員の業務知識習得が目的。ウェブ方式による実施は初めて。

 JA共済の介護ノウハウ提供活動を活用し、職員の要望が多かった「誤嚥(ごえん)」を取り上げた。職員ら23人が参加した。

社会福祉法人農協共済別府リハビリテーションセンターが講師を務め、「嚥下のことを知り、誤嚥性肺炎を予防しよう!」と題して講義した。