身近なJA組織

我が家の巻きずし競う JA阿蘇女性部 佐藤さん(阿蘇町支部)最優秀

2020.11.19

JA阿蘇女性部は13日、中部営農センターで2020年度JA阿蘇女性部料理コンテストを開いた。最優秀賞には阿蘇町支部の佐藤美佐子さん発案の「赤しそ漬けご飯の太巻き寿司(ずし)」が輝いた。

コンテストは地産地消と、年配から若い世代に、調理法や食べ方を伝えるのが目的だ。今回の料理テーマは「オリジナル巻きずし」で管内の女性部員のうち、選抜された8品が出品。阿蘇特産の赤牛を使ったものや、そばを巻いた変わり種巻きずし、バラの花をイメージしたものなど、趣向を凝らした品々が並んだ。

審査は各支部長、JA常勤役員をはじめ17人が、巻きずしの色合い、味、工夫などを審査した。創意工夫に、頭を悩ませながら選んだ。

       最優秀賞を受賞した佐藤さんの「赤しそ漬けご飯の太巻き寿司」は、しそ漬けの風味とバランスの取れた具材が魅力。見た目も良く、老若男女問わず食べられる。今後、家の光「クルクルのり巻き大作戦」コンテストにJAから推薦する。

       原山寅雄組合長は「毎年楽しみにしているイベント。おいしい料理をありがとう」と明るくあいさつした。