熊本の農畜産物

【みかん】極早生ミカン「豊福」出荷 JA熊本市

2020.10.13

極早生ミカン「豊福」の選果・出荷が9月29日、JA熊本市夢未来柑橘(かんきつ)選果場で始まった。初日はJA柑橘部会が運び入れた150トンを、全国へ厳選出荷した。出荷は10月末まで続き、総出荷量5100トンを計画する。

「豊福」は、極早生の中でも特に高い糖度を持ち、果肉の粒を包むじょうのうが軟らかい。完熟すると酸味がひき、食べやすいのが特徴。部会では農家389戸が栽培する。

2020年産は、長雨や台風などの不安定な気候の中、部会員の高品質生産対策を徹底できたことで、平年以上の果実内容となっている。

上村英哉部会長は「今年も高品質でおいしいミカンができている。丹精して作ったミカンをたくさん食べてほしい」と話した。