新着情報

[人つなぐ、JA 私たちの自己改革奮闘記](163) 合同で「支所感謝祭」 JA阿蘇

2020.10.08

JA阿蘇はJAグループ自己改革の柱の一つである、地域の活性化の実現に取り組んでいる。地域住民や組合員に感謝を伝える、「支所感謝祭」がその一つだ。

同JA一の宮中央・阿蘇町中央の両支所は3日、阿蘇市一の宮町にある直売所「四季彩いちのみや」で、収穫感謝祭を開いた。

 当日は例年開かれていた阿蘇世界農業遺産フェア、熊本地震で寸断していた国道57号の開通記念感謝祭も併催とし、大勢の人が訪れた。

また、国道復旧を祝う催しは人の集中を避けるため、他2カ所で分散開催。地域全体で盛り上がった。

収穫感謝祭では、地元で取れた農産物を用いたトマト鍋や焼きそば、ジャージー牛乳のソフトクリームなどを販売。特産あか牛の焼き肉が無料で振る舞われ、来場者を楽しませた。来場者は「トマト鍋を初めて食べた。程よい甘味があって、とてもおいしかった」と話した。

       国道57号ルートの開通で、阿蘇に訪れやすい環境が整備され、一層の地域活性化が期待される。JAは今後も阿蘇の農業の発展と地域貢献のため、取り組みを続ける。