新着情報

「葉ニンニク味噌」人気 試行錯誤3年の成果 熊本市の法人熊本すぎかみ農場 ~熊本宇城

2020.09.29

熊本市南区の農事組合法人熊本すぎかみ農場が販売する「葉にんにく味噌(みそ)」が人気を集めている。県産みそを使用し、ニンニク特有の香りを抑えながら、素材の良さをそのまま引き出した逸品。米と相性が良く、料理の隠し味にも使えるのが魅力だ。

葉ニンニクは冬野菜で、ニンニクの成長途中の若い葉と茎のこと。外観はネギに近い。熊本では珍しい農産物だが、同法人は食味の良さと豊富な栄養素に着目し、6年前から栽培していた。

瓶詰めの加工品として販売する「葉にんにく味噌」は当初、同法人の女性部が主催する料理教室で作られたレシピだった。同法人の理事で女性部の西塔敏美委員長は「新米の販促イベントで付け合わせに提供したところ、大好評だった。『1年中食べたい』という声を頂き、製作に踏み切った」という。

試作品は女性部20人がけんけんごうごうの議論を尽くした。パッケージのデザインは、インスタグラムの投票機能なども使って広く募集。3年の試行錯誤の末、今年8月から商品化にこぎ着けた。

大澤洋一理事長は「女性部の葉ニンニクへの愛情が育てた商品。長く販売を続けたい」と思いを述べた。

販売は直売所サンサンうきっ子、宇城彩館、火の君マルシェなど。価格は1個690円。商品の問い合わせは同法人、(電)0964(27)4417。