熊本の農畜産物

高品質ぞろいブドウ品評会 JA熊本うき部会松橋支部

2020.08.14

JA熊本うきブドウ部会松橋支部は7月下旬、品質向上を図ろうと、JA本所で2020年産のブドウ品評会を開いた。各部会員が厳選した「巨峰」11点が出品され、1位に緒方恵介さん、2位に前田邦宏さんを選んだ。即売会もあり完売した。

同支部では毎年品評会を開催。当日は、部会役員やJA職員、宇城地域振興局の職員が、粒の大きさや色づき、糖度などを審査した。入賞者は来年開く総会時に表彰する。

同支部は生産者11戸で構成し、「巨峰」や「ピオーネ」「シャインマスカット」を中心に約3ヘクタールで作付け。20年産は、長雨の影響が心配されたが生産者の努力で例年並みの仕上がりとなった。

同部の高洲聖司部会長は「雨量が多く出来が心配されたが、高品質のブドウが出品された。地域で切磋琢磨(せっさたくま)し、おいしいブドウを生産したい」と話した。