新着情報

熊本地震の恩 いまこそ JA菊池がJAくまの復旧活動へ

2020.07.14

【熊本地震の恩 いまこそ JA菊池がJAくまの復旧活動へ】

 熊本県のJA菊池が、豪雨被害を受けたJAくまの復旧・復興活動に乗り出した。手を挙げた職員24人が、6人交代で21日まで現地の支援に向かう。9日、第1陣6人が活動に必要なスコップや一輪車などをトラックとワンボックスカーに積み込み、出発した。JAくまは4年前の熊本地震の際、被災したJA菊池にブルーシート200枚を送った経緯がある。JA菊池本所での出発式で三角修組合長は、「熊本地震でお世話になった恩を返せるように、けがのないよう頑張ってきてほしい。体に気を付け、組合員の負託に応えてほしい」と激励した。 第1陣で被災地に向かうJA総務企画室の安武義徳室長は「現地に着くまで詳しい状況は分からないが、少しでも力になれるように精いっぱい頑張りたい」と意気込んだ。13日の週からはJAグループ熊本の支援隊として42人がJAくま、JAあしきたへ応援に出る予定。