新着情報

地産地消の拠点紹介 JA菊池の「まんまキッチン」 「くまもとあぐりん」が取材

2020.06.11

菊陽町にあるJA菊池のアンテナショップ「まんまキッチン」で5月下旬、熊本日日新聞とJAグループ熊本の合同企画「くまもとあぐりん」の取材があった。JAが、自己改革の取り組みの一つとして力を入れている「まんまキッチン」を紹介した。

まんまキッチンは菊池地域で生産された肉をその場で焼いて食べられる「焼き肉レストラン」と「アグリショップ(精肉・特産品売り場)」が一つとなった施設。同JAの農畜産物を提供しており、農産物加工品の開発拠点でもある。

JA青壮年部の「管内の農畜産物を地域の人に提供できる場所が欲しい」という要望を受け、2006年から場所や内容など検討を重ね、19年10月にオープンした。

取材対応した肉牛青年部長の出口正輝さん(35)は「管内で生産した安全・安心の肉、乳、野菜を地域の方々に提供することができ、ありがたい。より多くの方に利用してもらい身近な存在になってほしい」と語った。

営農部直販課の森信貴課長は「実現するまでに多くの困難があった。愛される店舗となるよう努力したい」と話した。

詳細は6月14日付の熊本日日新聞朝刊に掲載予定だ。