熊本の農畜産物

【マンゴー】着色良好で高品質 「父の日」贈答に期待~JAあしきた

2020.05.21
集荷場に持ち込まれたマンゴー

JAあしきた水俣集荷場で4月下旬から2020年産マンゴーの集出荷が始まった。同JAが出荷する品種はアップルマンゴー。熟すと皮の表面がリンゴのように真っ赤になる。味は甘味が非常に強く、果肉が柔らかいのが特徴。「父の日」の贈答用としても人気がある。

出荷先は主に熊本県内と東京で、1日に約200玉を出荷。7月上旬まで約5トンの出荷を計画している。

20年産の販売は新型コロナウイルスの影響により厳しい状況。不要不急の外出の自粛、高級青果を扱う百貨店などの休業、贈答や宴会需要の落ち込みなどが影響する。

同JAの森山和博選果場長は「着色良好で高品質なマンゴーができた。消費者へのPR活動がなかなか実施できないが、市場や販売店と協力して乗り越えていきたい」と話す。