熊本の農畜産物

【花き】ホワイトデーに贈る フラワーアレンジ購入 熊本市職員

2020.03.14
フラワーアレンジメントを受け取る市職員㊧

 熊本市は、県内の花き生産者や生花店を応援するため、市職員にフラワーアレンジメントの購入を呼び掛けた。5~10日までの募集に約180人から予約注文が集まり、13日に市庁舎で購入者へ配布した。
 
 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、送別会や謝恩会などの行事のキャンセルが続く。全国的にも花きの消費は落ち込み、価格も低調気味になっている。

 関係者から窮状を聞いた市は、まずは職員から需要を喚起しようと、県花き園芸農業協同組合と協力。県産花きを使ったフラワーアレンジメントを14日のホワイトデーに合わせて注文を募った。

 組合の安尾昭知経済部長は「予想を超える注文数で、応援の声もあり、感無量だ。消費の落ち込みは顕著だが行政と連携して県産花きを広めたい」と話した。購入した大西一史市長は「今年はホワイトデーに妻と娘に花を贈る。家にいることが多くなったので、自宅に飾ってリフレッシュしてほしい」と話した。

 市は他にも、市立幼稚園の卒園式や市立小中学校の卒業式に飾る花を例年より増やす。