熊本の農畜産物

【ネーブル】糖度 肥大◎ 旬お届け 清見 販売は短期決戦/JA熊本市

2020.03.07
集荷する選果場職員

 JA熊本市柑橘(かんきつ)部会で、中晩かん「清見」とネーブルの出荷が始まった。2019年度産は20戸が栽培する。大雨や台風など天候不良が続いたが、果実肥大・内容とも仕上がり上々だ。糖度や品質も申し分ない。「清見」20トン、ネーブル10トンを、20日ごろまで、関東地区を中心に出荷する。

 どちらも外観は似ているが、ネーブルは果面が滑らかで果皮が薄い。果肉は高糖度で、酸味も少なく、食べやすい。「清見」は果肉の色がだいだい色で膜皮が薄い。柔軟・多汁で、風味が良いのが特徴だ。

 「清見」は、生産者が自宅で大きさごとに選果選別し、手作業で袋詰めをして持ち込んでいる。

 同部会の上村英哉部会長は「生産量が少なく、販売期間も短い貴重な中晩かん。今年もおいしく仕上がっているので、欲しい人は早めに連絡してもらいたい」と話した。