熊本の農畜産物

【デコポン】津奈木支所「でこぽんオーナー」 14組38人、収穫祭満喫/JAあしきた

2020.02.05

 JAあしきた津奈木基幹支所は1月中旬、「でこぽんオーナー収穫祭」を開き、14組38人のオーナーが参加した。参加者はJA青壮年部や役職員らの協力を得ながら、1人約30キロのデコポンを収穫。女性部の手作り鶏飯やだご汁を味わい、交流を深めた。土産には地元産の米と芋も受け取った。

 でこぽんオーナー制度は、全国各地から希望者を募集。オーナーになると7月に加入金として2万円を支払うことで、1月の収穫までの期間、デコポンの木1本の所有者になれる。津奈木町を実際に訪れてもらうことで、町の魅力や特産のデコポンをPRする。今回で9回目の開催を迎えた。

 事務局である同基幹支所の谷端俊博支所長は「町外から多くのオーナーが参加し、津奈木町とJAあしきたの特産品PRにつながっている。近隣の直売所とも連携しながら、参加者に満足してもらえるイベントにしていきたい」と話した。