新着情報

【だから青年部】酒井健太さん JA阿蘇青壮年部長 地域発展へ活動強化

2020.01.13
地域農業のために熱い志を持った酒井部長

 JA阿蘇青壮年部は、現在8支部232人で活動しています。管内は水稲、畜産、野菜、施設園芸など、多種多様な農畜産物の生産をしています。
 青壮年部の主な活動内容は各研修会や農政連活動、JA役職員・女性部との対話集会、女性部とのスポーツ交流会などがあります。青壮年部員の婚活事業にも乗り出しています。

 2016年の熊本地震で大きな被害を受けた地域もあります。被災者の仮設団地への門松の寄贈など、地域を励ます活動にも力を入れています。
 顔を合わせたり、会話する機会を設けたりすることで、少しでも元気を分けることができたらと考えています。

 各支部では地元小学校との食育活動を展開しています。
 トマト、バケツ稲、「みさお大豆」などの栽培、「ちゃぐりんフェスタ」などです。地域に根差した活動として、「オールドカーフェスタ&軽トラ市」を開き、人を呼び込んでいます。

 19年は、消費税増税に伴う「農業者の軽減税率への対応」や「インボイス制度の学習会」などを開いて、より良い農業経営を行うための学習機会を設けました。

 私は支部長を経て、部長に就き、1年目になります。少子高齢化や都市部への若手の就職に伴い、担い手の減少が全国各地の農業地帯でも課題となっています。このままではいけません。
 地域農業の維持と発展のために、支部間の垣根を越えて、努力をしていきます。

■就農年=2013年

■家族構成=両親、妻、子ども2人

■経営内容=水稲1.7ヘクタール、飼料用稲1.7ヘクタール、シイタケ10万駒(立木300本)

■年齢=38歳