新着情報

【ショウガ】地場ショウガで 食欲そそる 逸品 「ばぁばの生姜」 2種新発売/JA熊本うき

2019.12.04
新発売した「生姜の佃煮」と「のっけ生姜」

 JA熊本うきは、熊本県宇城市産ショウガを100%使用した「ばぁばの生姜(しょうが)の佃煮(つくだに)」と「ばぁばののっけ生姜」の2種類を新発売した。どちらもイワシの削り節をたっぷり使い、おにぎりの具材や野菜サラダの味付けなどさまざまな料理に合うように仕上げた。ショウガ加工品シリーズは延べ13種類を突破した。

 「生姜の佃煮」は、同市産ショウガを千切りにし、国産調味料やカルシウムを多く含むイワシの削りぶしを使っていりごまで味付けした。甘みがあり子どもから大人まで楽しめる。「のっけ生姜」は同市産ショウガを刻み、イワシの削り節に加え昆布をふんだんに使用。国産調味料や米酢、ゴマ油で味付けし、昆布のとろみを引き立てながら仕上げた。適度な酸味とショウガの爽やかな辛みが食欲をそそる。

 健康志向の50代女性をターゲットにしている。どちらも保存料は使わない。1袋100グラム入りで価格は480円。宇城市道の駅直売所「サンサンうきっ子宇城彩館」や「サンサンうきっ子下北店」などで発売中だ。

 市内は九州でも有数のショウガ産地。知名度を上げるとともに、年中ショウガを味わってもらおうと、昨年から商品開発に力を入れてきた。

 加工品開発を担当するJA営農販売部直販課の飯田眞志子さんは「今後は宇城産のフルーツや野菜とブレンドした新たな加工品開発を進め、可能性を広げていきたい」と意気込む。