熊本の農畜産物

【ポンカン】早生ポンカン登場 色付き良好 高糖度/JA熊本うき

2019.12.01
色づきよく収穫を迎えたポンカン

 JA熊本うき海東出張所前倉庫で11月29日、早生ポンカンの選果が始まった。歳暮シーズンの贈答用として当日は25トンを選果。県内や九州地方に出回る。年末まで総出荷量30トンを計画する。

 JA小川ポンカン部会は、宇城市小川町海東地区の生産者5戸が約2ヘクタールで作付けする。
 
 今年産は秋の天候に恵まれ着色や果実内容が良好。高糖度に仕上がっている。収穫したポンカンはJA貯蔵庫で約5日間かけて追熟させる。同選果で品質をチェックし、各自宅で箱詰めして出荷する。

 同地区で30アールを栽培する林田哲明さん(69)は「今年はとても色付きが良く、高品質に仕上がっている。伝統ある小川のポンカン栽培をできる限り続けていきたい」と話した。