熊本の農畜産物

【柿】「太秋」逸品ずらり 山野誠さん最優秀 品評会/JAたまな

2019.11.03
出品された柿「太秋」を審査する審査員

 JAたまな柿部会は10月下旬、JA玉東総合支所で太秋柿果実品評会を開いた。果実品質部門最優秀賞は玉東町の山野誠さん(79)が受賞した。山野さんは「初めての最優秀賞で、これからの柿栽培の励みになる」と喜んだ。

 果実品質部門には11点の出品があり、外観、果形、糖度などを審査した。大玉果実部門には700グラムを超えるジャンボ柿を含む11点の出品があり、重量を審査した。

 関幸次郎部会長は「出品された柿は高品質のものばかり。今後も品質の良い柿を消費者へ届けよう」と呼び掛けた。「太秋」の出荷は11月下旬まで続く予定だ。

 「太秋」は300グラム以上ある大玉で、サクサクとした食感と上品な甘さが特徴の品種。部会では生産技術・品質向上を目的に2016年から品評会を開き、部会員の生産意識の高揚に取り組んでいる。

 品評会の結果は次の通り。
 ◇果実品質部門▽優秀賞=坂本昭一◇大玉果実部門▽優勝=松本宗行