熊本の農畜産物

【ナス】「でこなす」1700トンめざす 「PC筑陽」上出来/JA熊本うき

2019.10.09
出荷が始まった「でこなす」の選果作業

 JA熊本うき管内で1日から「でこなす」の出荷が始まっている。初日はJA熊本経済連第二園芸集送センターから650ケース(1ケース4キロ中心)を出荷した。全国各地に向け、2020年6月までに総出荷量1700トンを目指している。

 JA管内のでこなす生産戸数は39戸で作付面積は11.4ヘクタール。主力品種は18年度産から本格栽培を始めた「PC筑陽」で、19年度産は35戸の生産者が、9.5ヘクタールで作付けする。今年は長雨や高温期の影響が懸念されていたが、上々な仕上がりとなっている。

 JA営農指導部園芸二課の山下圭馬指導員は「昨年度の反省点を踏まえ、基本的な管理を見直し、収量増につなげたい」と話した。