新着情報

【ダイコン】春ダイコン順調 JA阿蘇小国管内 /JA阿蘇

2019.05.20

 県内有数のダイコン産地であるJA阿蘇の小国管内で春ダイコンの出荷が順調だ。5月上旬から出荷を開始し、連日約10トンを福岡県へ出荷している。4月の天候が生育に適していたため、生育順調で2Lでの出荷が中心だ。

 同JA小国郷大根部会の佐藤隆さんは「春ダイコンは辛味が多少あるが、大根おろしやサラダ販売担当の波多野勝郎さんは「生産者には段階的に作付けし、切れ目なく出荷してほしい。期待に応えられるようがんばる」と意気込んでいた。

 部会は、春・夏・秋冬ダイコンを9月ごろまで段階的に作付けし、12月下旬まで出荷する予定。今年度は、部会員19戸で出荷数量28万ケース(1ケース10キロ)、売上金額2億5000万円を計画している。

大根を洗う佐藤さん