熊本の農畜産物

【メロン】「イエローキング」 出荷スタート/JAかみましき

2019.04.14

箱詰めされたメロン「イエローキング」

 JAかみましきでは10日、メロン「イエローキング」の初出荷を迎えた。益城町の飯野集荷場には74ケース(1ケース5キロ入り)が持ち込まれた。主に関東・中京方面へ出荷。今年度は20トンの出荷を目指す。

 「イエローキング」は鮮やかな黄色の外皮と白色の果肉のコントラストが美しいノーネットメロン。あっさりした甘さが特徴で、東京などの都市部でも人気が高い。

 同JA第2営農センター管内では現在、9人の生産者が約2ヘクタールで栽培している。担当者は「例年より小玉傾向であるが、色・味も良く甘いメロンに仕上がっている」と話した。

 管内は40年以上の長い歴史があるメロンの産地。4月中旬からは「クインシー」の出荷も始まる。「イエローキング」の出荷は6月下旬まで続く。