新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA~私たちの自己改革奮闘記(74)~JAやつしろ

2019.03.14
熱戦を展開する野球大会

 JAやつしろは、スポーツを通じて子どもと保護者の触れ合いの場の提供や、地域への貢献活動を行っている。

 試合数の少ない4年生以下の児童を対象にした野球大会とサッカー大会を毎年開いている。どちらもJA主催。試合でなければ経験できない緊張感、技術向上、心身ともに健全な学童育成を目的に行っている。今年度で野球が8回、サッカーが9回と定着した大会になっている。

 また、JAの特色を生かし、JA産の野菜や果実の試食や販売、入賞チームにはJAの農産物を贈るなど、JA・農業をPRし、地域に理解を促す。参加チームからは「4年生以下の大会が少ない中、毎年企画してもらいありがたい」「子どもたちにとって良い経験ができた」などの声が聞かれた。保護者や家族からも好評だ。

 今年度は、男子高校バレーボール大会を地元企業と協力し、第1回大会を開いた。

 JAは今後も、スポーツを通じて地域と触れ合う。