熊本の農畜産物

【マラソン】ランナーらに地元産直売好評 横島総合支所で/JAたまな

2019.03.08
イチゴを購入する来場者

 JAたまな横島総合支所は2月下旬、第42回「日本マラソンの父金栗四三のふるさと玉名横島いちごマラソン大会」で、地元特産物のイチゴやトマト、ミニトマトの直売会を開いた。用意したイチゴ「ゆうべに」1200パックの他、トマト、ミニトマトは完売した。

 地元特産物のPRと地域交流を目的に毎年出店している。ランナーや応援に訪れた来場者から「毎年お土産にイチゴを買って帰るのが楽しみ」と人気だ。JA女性部横島支部も出店し手作りのとり天や揚げパン、山菜おこわなどを販売。温かいメニューに行列ができた。

 JA職員は「熊本県内外から多くの人が訪れる一大イベント。地元特産物の魅力を伝えていきたい」と話した。