新着情報

【肥料】JA肥料特価「トラック市」 前年比1・5倍8860袋販売/JAくま

2019.01.29
トラックへ次々と積み込まれるプライベートブランド肥料

 JAくまは23日、水稲・野菜の肥料を特別価格で販売する「トラック市」を開いた。前年販売数量(5833袋)の約1・5倍となる8860袋を販売した。

 トラック市では、JAオリジナルプライベート肥料の「JAくまオール14」「JAくま454」「JAくま48号」を通常より300円(1袋20キロ)程度安く販売。管内4カ所の購買店舗で開き、販売開始前から引き取りを待つトラックの列ができた。

 対象商品の肥料は、JAが直接メーカーと交渉し共同開発することで、成分や効果は良質を保持しながら中間手数料を省き、低価格での供給を実現。年間を通して約1200万円の農家負担軽減につながっている。

 今回の販売実績を踏まえ、生産資材課の上田真二課長は「今後も組合員のニーズに合わせた生産資材価格低減により、農業所得の増大につなげていきたい」と力を込めた。