熊本の農畜産物

【サツマイモ】貯蔵サツマイモ 「ゆうパック」人気/JA菊池

2019.01.25
ゆうパック用の箱にサツマイモを詰める職員

 熊本県のJA菊池甘藷(かんしょ)部会が、全国発送する「ゆうパック」のふるさと小包「大津かんしょ」が好評だ。郵便局注文用に企画した2.5キロ入りがよく売れている。貯蔵庫で保存されたサツマイモは甘味が増し、贈り物にも人気を集める。

 品種は、ほくほくした食感の高系14号「ほりだしくん」と、濃厚な甘さでしっとりした食感の「べにはるか」。部会員が生産したサツマイモを2.5キロと5キロで販売する。
 
 サツマイモを町の特産品とする大津町と郵便局の協力で、県内の簡易郵便局を除く全郵便局で、注文発送を受け付ける。県内各地の郵便局から注文を受け、大津町にあるJA菊池南営農センターから発送する。昨年12月中旬から始まり、2月28日まで。1箱2.5キロ(10~16個)2000円、同5キロ(20~32個)2800円。送料込み。

 田中義広部会長は「6年目を迎えた。おいしさはもちろん、一昨年リニューアルしたくまモンのイラストをあしらった箱も喜ばれ、売り上げも好調」と話した。