新着情報

【牛】命に感謝/JA熊本うき

2019.01.09
牛のみ霊を慰霊する参列者

 JA熊本うきは12月下旬、熊本市南区富合町の六殿宮で「畜魂祭」を開いた。県宇城地域振興局や県農業共済組合、JA酪農部会、JA肥育牛部会、JA役職員ら約30人が参列し、1年間の牛のみ霊を慰めた。

 厳粛な神事後、JAの堀幹男組合長は「畜産のさらなる飛躍を願い、新年に向けて一層の活躍と発展を祈念したい」とあいさつした。

 酪農部会の坂井保夫部会長は「家畜の魂に感謝し、素晴らしい畜産経営ができるように今後も頑張っていきたい」と話し、み霊の冥福を祈った。