新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA 私たちの自己改革奮闘記(58)~JA鹿本

2018.11.15
手作り料理を振る舞う女性部員

 JA鹿本は自己改革のテーマ「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を目指し、さまざまな取り組みを行っている。

 JAを身近に感じてもらうことを目的に、昨年から「女性の集い」を開催。10月下旬に「JA鹿本クッキングフェスタ&第2回女性の集い」を本所で開いた。
 
 今年はJAグループファミリー雑誌『家の光』特別企画として、地元食材の良さも知ってもらうことを目的に開いた。イベントには『家の光』購読者やその家族、家の光協会関係者、JA役職員らを招待。約150人が出席した。

 女性部の上村悦美部長は「地産地消にこだわった料理を食べて、女性部のパワーを感じてほしい」とあいさつした。

 イベントでは料理研究家の本谷惠津子さん監修の下、女性部が地元食材を使って作った6品の料理を紹介。参加者へ振る舞った。女性部役員によるJA自己改革に関する寸劇なども行った。