熊本の農畜産物

【小麦】新麦解禁で“パンカット”/JAたまな

2018.08.27
5㍍のパンカットで収穫祝う(熊本市で)

 全長5メートルもあるパンが、熊本市であった新麦解禁イベントに登場した。原料の小麦は熊本県のJAたまな産で、厳しい基準で選んだ「Premium T(プレミアムT)」を使った。生産者らがテープカットならぬ“パンカット”で、収穫を祝った。

 催しは製粉メーカーの熊本製粉が企画した。全国で最も早い8月10日に解禁日を迎えた県産の新麦を知ってもらうのが狙い。生産者や消費者らが集まり、交流を深めた。JAからは生産者2人が出席した。

 5メートルのパンは同イベントで過去最長。パンはカット後、来場者に配られた。玉名市麦作部会の仲山忠彰部会長は「収穫した麦が、パンや菓子として消費者の手に渡るところを見る機会はなかなかない。パンをプレゼントされた来場者の笑顔を見ると、もっとおいしい麦を作ろうと励みになる」と喜んだ。

 「Premium T」は、同JA産小麦「ミナミノカオリ」の中から、タンパク質が12.5%以上のものだけを選別して製粉する。「T」は「Tamana(玉名)」「Tasty(味わい)」「Traditional(伝統的)」の頭文字を表す。