熊本の農畜産物

【ミニトマト】生産量日本一 親子体験農園で収穫/JAたまな

2018.07.07
ミニトマトの収穫を楽しむ子ども

 JAたまなは6月30日、「親子わくわく体験農園」の3回目で、ミニトマト収穫体験をした。JAはミニトマト生産量日本一。地元の特産物や食と農の大切さを学んでもらおうと企画し、29家族95人が参加した。

 体験前に、JAの森川由浩指導員がトマトとミニトマトについて説明。播種(はしゅ)から収穫までを学んだ。収穫体験は、玉名市横島町の松本憲二さん(50)のハウスで開催。子どもらは色づいたミニトマトを箱いっぱいに収穫し、取れたてをほお張った。参加者は「ハウスの中は暑く、農家の大変さと新鮮な野菜を食べられるありがたさを感じた」と話した。