新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA~私たちの自己改革奮闘記㉕~JAかみましき

2018.06.07
露店に並ぶ来場者

 御船町にあるホタルの里水越で2日、「ホタル祭り」が開かれた。ヤマメの塩焼きや地元農産物で作った弁当や加工品などの露店が並び、大勢の来場者でにぎわった。日が沈み暗くなると、清流近くに集まる蛍が光り始め、みんなで観賞した。
 里山を知らない街中に住む子どもたちに、地域の自然の豊かさを感じてもらうと同時に、水越の魅力を知ってもらおうと2013年度から御船町公民館水越文館が企画している。

 JAかみましきは、地域の活性化を目標に各町の祭りやイベント行事に積極的に参加している。
 同町水越は、山里の自然豊かで清流が流れている地域。毎年、蛍が多くなるこの時期に祭りが開かれ、地区外からも多くの来場者が訪れる。
JAは露店を出店し、地域住民との交流を深めた。旧水越小学校体育館では地元小学校による出し物や踊りなどのステージイベントがあった。

 今後も組合員や地域住民と触れ合い、地域になくてはならない存在を目指していく。