新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA~私たちの自己改革奮闘記⑲~JAあまくさ

2018.05.03
審査する常勤役員・参事

 高齢化や農家人口減少、支所再編により組合員との関係が希薄化しつつある。多様化する組合員とJAとのつながりを深めるため、JAあまくさは支所だよりを各支所で作成し、6年目を迎える。
 支所だよりは、身近で有益な情報や職員、支所の活動などを組合員・地域住民へ提供することで、JAのファンづくりや職員同士の連携・意識強化につなげることを目的としている。

 また、JAは一層の内容充実に向けて「支所だよりコンクール」を開いており、年間6回以上を発行。広報誌や外務などで職員が組合員・地域住民へ配布した支所だよりを対象にしている。常勤役員・参事他6人がレイアウトや読み応えなど10項目を5点満点で審査する。

 川口義英組合長は「各支所の内容が年々充実している。広報誌では伝えきれない身近な情報を組合員・地域住民へ伝えることで、JAへの親近感を持っていただきたい。情報を発信し、JA事業への理解を得ることでJAの自己改革にもつながる」と話した。

 結果は次の通り。

 ▽金賞=姫戸支所▽銀賞=大矢野支所・松島支所▽銅賞=有明支所・佐伊津支所