熊本の農畜産物

【花】カーネ色とりどり 母の日へ出荷順調/JA熊本うき

2018.05.06
カーネーションを持ち込む池田さん

 13日の「母の日」を前に、JA熊本うき北営農センター(宇土)では4月29日から鉢物カーネーションの出荷が始まっている。初日は112ケース(5寸サイズ1ケース8鉢)を九州地方に出荷。10日まで2000ケースを計画している。

 2018年産は天候に恵まれ、順調に生育が進み、花の色合いなど良好で高品質な仕上がり。需要が高い赤やピンクの定番色に加え、オレンジ色や紫色など異なる品種を混ぜ合わせたケース「ミックス」も人気を集めている。九州地方を中心に中国方面にも出荷する。
 
 宇土市の池田弘美さん(63)は初日に57ケースを持ち込み、「赤色やピンク色をメインに、消費者の志向に合わせて色とりどりのカーネーションを栽培している。花を贈る人や花をもらう人の笑顔を励みに、喜んでもらえる花づくりに頑張っていきたい」と話した。