新着情報

【自己改革】人つなぐ、JA~わたしたちの自己改革奮闘記⑧~JAやつしろ

2018.03.08
九州国際スリーデーマーチ

 JAやつしろは、地域住民の幸せと誇りの醸成、地域の活性化、農産物PRに、各地区で行われる祭りイベントに積極的に参加している。さらに、各支所・事業所を中心とした「ふれあい祭」などのイベントも行い、多くの人を集め、おいしいものや特産品を紹介し、地域経済の活性化につなげている。

 1月下旬と2月上旬に行われた「やつしろTOMATOフェスタ」では、八代の特産品トマトが日本一であることを地元に紹介し、誇りとしてもらうイベントを開いた。JAなどでつくる実行委員会が主催。
 また、八代で毎年5月に行われているスリーデーマーチ(ウオーキング大会)は、JAの感謝祭が発端となったイベントで、今では全国有数のウオーキング大会となっている。

 プロ野球ウエスタン・リーグ公式戦もJA八代市(現JAやつしろ)が主催し発端となった。女子プロ野球公式戦もJAの主催で始まった。スポーツ好きな少年・少女がプロの技に触れることで、健全な身体と精神の育成を目的としている。
 試合出場機会が少ない10歳以下の学童を対象とした軟式野球やサッカー大会も毎年JAは行っている。
 食農教育にも力を入れており、JA青壮年部や女性部による農作物の栽培収穫体験・料理教室などを行い、学童や保護者から喜ばれている。