熊本の農畜産物

【スイカ】三大都市で市場巡回/JAかみましき

2017.12.27
ご祝儀相場が付いたスイカと西瓜部会員

 熊本県JAかみましきは12月上旬の3日間、東京・名古屋・大阪で市場巡回をした。東京都中央卸売市場大田市場では、「ましきスイカ」25ケース(1ケース4玉)が初せりにかけられた。地震からの復興と生産者の生産意欲を盛り上げようと、小玉スイカ1ケースには8万円のご祝儀相場が付いた。

 同巡回は「ましきスイカ」の一層のブランド化を目指してJAの営農部が企画。西瓜(すいか)部会の稲富高徳部会長、奥田誠治副部会長、渡辺昌幸会計を筆頭に市場や取引青果の現状を把握した。名古屋、大阪では取引市場と年末年始の販売対応についての意見交換会を開き、他産地と異なる出荷時期を生かした有利販売と販路の拡大を図った。

 担当職員は「西瓜部会や取引市場と協力をし、ましきスイカのブランド化とPRを進めていきたい」と話した。