熊本の農畜産物

【カボチャ】右田さん首席1位獲得/JA熊本うき

2017.12.21
外観など1玉ずつ確認する審査員

 JA熊本うきと美里町は13日、美里町役場で同町特産農産物として推奨する美里カボチャ「くりゆたか」の品評会を開いた。生産者31人が出品。JAや県普及員らが審査員となり、厳正に審査した結果、右田賢次郎さんが首席(1位)を獲得した。
 審査員は、色の濃さや艶、軸の太さ、重量など10項目を1玉ずつ審査。品評会に出品された美里カボチャは、美里町の小・中学校5校の学校給食に提供、一部を販売した。年内出荷は20日まで。年明けは1月10日から始まり、1月下旬まで続く見込み。

 品評会の上位結果は次の通り。

 ▽首席=右田賢次郎▽2席=三浦勝▽3席=岩本正、岩坂健児、井手上光儀、亀本周二