熊本の農畜産物

【ミカン】「夢未来」ミカン フェアでPR/JA熊本市

2017.12.13
生産者自らが「夢未来ミカン」をPR

 JA熊本市柑橘(かんきつ)部会と市農畜産物生産出荷協議会は12月上旬、同市中心街で「夢未来みかん祭り~河内町特産品フェア」を開いた。旬を迎えたミカンを生産者が消費者に試食宣伝した。ミカンの詰め放題に加え、糖度12以上の特選ブランド「夢の恵」などの箱詰めセットが並んだ。
 「夢未来」ミカンのファン育成と旬の農産物の販売促進が目的で、10年目を迎える。年々売れ行きは伸びており、今年のミカン販売額は113万8000円(前年比0.8%増)となった。
 同部会女性部の黒田敏美部長は「生産者自らが積極的にPRし、消費者に安全・安心でおいしい夢未来ミカンのファンを増やしたい」と話した。