熊本の農畜産物

【ミカン】収穫体験ツアー 利用者招く/JA熊本うき

2017.11.16
収穫ばさみを使い温州ミカンの収穫に挑戦する参加者

 JA熊本うきは11月上旬、宇城市・道の駅直売所「サンサンうきっ子宇城彩館」の利用者を対象に収穫体験ツアーを初めて開いた。産地を巡り、生産者と交流を深めてもらおうと企画。当日は7組の家族が参加し、22人が宇城市三角町でミカン狩りを体験した。
 同町でかんきつを栽培する坂本博昭さんのミカン畑を訪れ、温州ミカンの収穫を楽しんだ。その場で収穫したミカンを味わいながら、生産者との交流を深め、体験後は同町の直売所「サンサンうきっ子みすみ」に立ち寄った。
 参加した北原純子さん(43)は「またこのような企画があったらぜひ参加したい」と話し、他の参加者も「三角町がお気に入りの場所になった」と笑顔を見せた。

 募集は、館内に大型掲示板コーナーを設置し、利用者に呼び掛けた。今後は、営農販売部と総合企画部が連携しながら、年間を通してミニトマトやイチゴなどさまざまな農産物の収穫体験ツアーを実施していく予定。