新着情報

【園芸部】16年度販売 過去最高額/JAたまな

2017.10.17

 JAたまな園芸部連絡協議会は9月下旬、玉名市で通常総会を開いた。部会役員やJA役職員、市場関係者ら約90人が出席した。
 同協議会は、各支部部会組織間の連携強化を目的に1993年に設立された。果実、野菜、花きの9専門部、延べ1718人、栽培面積は553.4ヘクタールで構成。17年度は関係機関と連携し、産地体制の安定・確立を進め、出荷数量3万2000トン、販売金額149億円を目指す。
 2016年度の出荷数量は3万1444トン(前年比106%)、販売金額は144億9000万円(同103%)で、過去最高の実績だった。天候不順で生育に影響が出たが、ミニトマトと夏秋ナスは生産者、栽培面積ともに増加。順調に取扱数量を伸ばした。出口幸一会長は「生産者努力と、各部会役員の地域リーダーとしての活躍が、過去最高実績につながった」とあいさつした。
 総会では、16年度の事業報告・収支決算や17年度の事業計画・収支計画について協議し、全て承認された。

 役員改選の結果は次の通り。
 ▽会長=境浩之▽副会長=鶴田秀忠、高野裕治▽監事=有働説男、上土井隆浩、菊川勉