熊本の農畜産物

【ミカン】柑橘銘柄力 強化さらに/JAたまな

2017.09.15
      高品質生産を誓った部会員

 JAたまな中央・天水柑橘(かんきつ)部会は9月上旬、玉名市内で2017年産出荷協議会を開き、部会員やJA役職員、市場関係者ら約350人が出席した。坂本淳一部会長は「9月中旬から、肥のあかりの収穫が始まる。最後の仕上げ摘果を徹底し、玉名ミカンの力を見せよう」と呼び掛け、玉名ブランドの強化を確認した。
 協議会ではスローガンとして①高品質果実生産でJAたまなブランドを築こう②腐敗果をなくし、「消費地より求められる産地」を目指そう③計画集荷・継続販売を強化し、「信頼される産地」を構築しよう④徹底した生産管理で「安全・安心」な商品を提供しよう――を採択。出席者全員で頑張ろう三唱をした。

 17年産は降水量が平年より少なく、やや小玉傾向だが、糖度は平年並み。糖酸のバランスが良い仕上がりが期待できる。部会員501人で1万1600トンの販売を計画。9月中旬の「肥のあかり」の出荷を皮切りに、極早生、早生と出荷が続く。