身近なJA組織

【サツマイモ】大きな芋できるかな/JAくま

2017.06.13
楽しそうにつる挿しをする子どもたち

 錦町のひかり保育園の園児12人と同町立木上小学校の1年生32人は、サツマイモの苗植えを行った。JAくま青壮年部錦支部が毎年、食農教育の一環として行っている。つるの挿し方を説明した。
 錦支部長の中村竜郎さんは「秋に大きな芋が収穫できるよう、頑張って植えましょう」とあいさつ。その後は早速、苗を植えた。児童は「思っていたより簡単で楽しかった。お芋ができるのが楽しみ」と話した。芋掘りは11月に予定している。