身近なJA組織

【晩柑】ゼリー園児にお届け/JAあまくさ

2017.05.25
晩柑ゼリーを贈られ喜ぶ園児

 JAあまくさ女性部有明総支部フレッシュミズ部会は、天草市有明町特産の「天草晩柑」を使い、地産地消と食材の素晴らしさを伝えるため「晩柑ゼリー」を作り、同町の保育所3カ所に配った。
 今年で13回目。部員が生産しているあまくさ晩柑250個を用意し、1個ずつ半分にカットして果肉を搾る。皮を器にして、果汁とゼリーの素(もと)、砂糖を混ぜ合わせ加熱し、器に流し込んで約200個が完成した。食べた園児は「甘酸っぱくておいしい」と話し、毎年好評を得ている。
 余宮里佳部長は「保育園にゼリーを作り持って行くと、喜んでもらえるのでうれしい。今後もゼリーを作って、
特産の天草晩柑の魅力を届けたい」と話した。